左官工・見習い募集中

伝統を受け継ぐ技

  • 本物志向

    打ち合わせから、施工完了まで全て「本物の品質」でお届けします。中西工業はお客様にご満足頂ける施工をお約束いたします。

  • 事業案内

    京都の住宅事情は時代と共に刻々と変化しています。ですが、時代が変わっても残すべき「古き良き物」が数多くあり、その1つである伝統ある建物の再生に力を入れています。

  • 会社概要

    中西工業は京都・嵐山に事務所を置き、左官業を営んでいます。お寺や古民家等、歴史ある建物を多数手がけ、弊社職人の持つ技は一流であると自負しています。

左官業とは

日本家屋の壁は、竹を格子状に編んだ下地の両側に、藁を混ぜた土を塗り重ねる土壁、消石灰等の繊維・糊でつくった漆喰が用いられるのですが、それらの仕上げに欠かせないのが左官業です。私たち左官工が扱う土や漆喰などは、塗装やクロス等に比べ乾燥・硬化に時間が掛かる事から、その良さが中々伝わらず職人が持つ技も姿を隠した時期があります。

ですが近年、日本家屋や日本の文化が見直されるようになり、自然素材の良さや表情の違い、そして「こて絵」等の芸術的な分野で評価される職業となりました。「塗る」ことが主な仕事ですが、それだけでは伝えきれない先人の知恵や技を駆使し、壁作りをするのが左官業という職業です。

施工事例

施工事例

京都市内の町家の再生に伴う左官工事と各部の補修作業を行いました。古い柱や梁を活かし内壁・外壁の左官作業を行いました。
町家独特の細長い間取りですので、補修の際に天井に明かりとりを加えました。年季の入った黒い柱と真新しい壁に明かりが差し込みコントラストの美しい仕上がりとなりました。

その他弊社で行った施工の一部を紹介させていただきますので、ぜひご覧ください。

最新の施工事例を見る

▲TOPへ